全国送料無料広島産レモンの通販おおうえ農園|今日は食いもんの話なんどを・・・

新着情報

今日は食いもんの話なんどを・・・

  • 今日は食いもんの話なんどを・・・

2015/05/06

今日もエエ天気の一日じゃったでぇ ホンマに五月晴れじゃったわい ホイジャケぇ 相変わらずの

5時起きで いつも通りに公園で落葉堆肥を貰って その後にゃあ 野菜苗に 万田酵素水の散布じゃあ

ホンで 家に帰ってのう 朝飯を食べて もう6時過ぎにゃあ 畑に出たんでぇ

今日からは草刈の毎日じゃあ 長い雑草との戦いの始まりなんじゃあ まぁ 大体 11月の収穫前まで

草刈は続くんでぇ 除草剤を全く園地に撒かんけぇ 雑草との戦いは もう 寒うなる迄 続くんじゃあ

写真なんじゃが 草を刈った後に 例の落葉堆肥を 3~5袋 木の根元に敷いた写真なんじゃあ

まぁ 見えんけんども 花肥も 撒いとるんでぇ この品種は「はれひめ」 12月に収穫の予定の品種

なんじゃあ 写真でも解る・・・とは思うけんど 花もようけ付いとるけぇ 豊作の予感がするのう

ホンで 表題の食いもんの話なんじゃが こりゃあ ワシがこまい頃の体験談じゃけぇ

その積りで読んで下さいやぁ

ワシの記憶の中で一番最初の記憶に残っとるんは 芋ご飯なんでぇ

それものうやぁ 芋に麦飯がこびり付いとる・・・ そんなご飯じゃたんでぇ

ホンでのう 次第に麦の比率が多くなってきてのう まぁ 芋と麦飯が半々くらいになった頃じゃった

けんど 麦飯の中に米が混じる様になったんじゃあ 芋が50% 麦が30% 米が20% そんな感じじゃった

それが段々 米の比率が高うなってきてのう それに連れて 芋も麦も減って行ったんじゃあ

ホンで 芋が無うなって 米と麦の比率が半々になって 次第に米の比率が上がってくる

何年頃じゃったかは 忘れたけんど 米だけのご飯が出た時にゃあ そりゃあ 感激したもんじゃあ

まぁ 今の子供さんなんかにゃあ 全く解らん話じゃろうけんど ある程度の年齢のお方にゃあ

そうそう・・・ ちゅうて肯いておられる人はきっと居られるんじゃあ・・・ちゅうて思うでぇ

ホンで この芋ご飯じゃけんどなぁ 

ワシが 昭和48年に会社に入った頃の話なんじゃが その芋ご飯の話を会社でしとったんじゃあ

ホンダラのう まぁ 上司じゃったか 同僚じゃったか 忘れたけんども

「その話はホンマか? 君は戦前の生まれなんか・・・?」ちゅうてぬかすけぇ

「ワシは昭和26年生まれじゃあ・・・ 町に居ったあんたにゃあ解らんじゃろうけんど ワシは

大田舎の生まれじゃけぇ 芋ご飯はよう知っとるんじゃあ・・・」 そう言うて反論した事を

よう覚えとるんじゃあ 

まぁ ホンで 芋なんじゃが それ以来ワシは芋が嫌いになったんじゃあ まぁ 芋と南瓜なんじゃが

どうも 南瓜も芋と同じ様な味がするけん 今でも 芋と南瓜は喰わんのう

「芋と南瓜は一生分 はぁ 食べたわい・・・」ちゅうて言う様にしとるんじゃあ

まぁ 要らん話じゃけんどなぁ ワシは天ぷらが好きでのう ところが 天ぷらの中にゃあ 必ず・・・と

言ってもエエ位に 芋か南瓜が入っとるんじゃあ こりゃあ 困るわいのう

知っとる店じゃったら 「芋と南瓜は要らんでぇ・・・ その分ピーマンでもやってくれいやぁ・・・」

そう言うんじゃけんど まぁ 二人居ったら必ず 芋、南瓜の天ぷらは 人にあげるんじゃあ

それが両方出来ん場合は はぁ 仕様が無いけぇ 作ってくれた人にゃあ 申し訳ないんじゃけんど

残すんじゃあ・・・ スマン・・・とは思うんじゃけんど 食べられんのんじゃけぇ

そりゃあ 仕様が無いわいのうやぁ・・・

食いもんの話はまだまだようけ有るんじゃけんど またまた長うなるけん こりゃあ又の機会に

しよう・・・と思うんじゃあ こりゃあ肉の話なんじゃが この話も結構面白い話じゃけぇ

又 エエ時を見て書くわい・・・

ホンじゃあ今日はこの辺で 又 明日じゃあ・・・。

pageback

レモンについて

こだわりのレモン
当農園の栽培方法についてご紹介いたします。
【おおうえ農園】では安心・安全にこだわったレモン作りを心がけております。
1日1個のレモン習慣
レモンには様々な栄養素が含まれていています。
1日1個食べることで健康で美しい体に!こちらではレモンの成分などをご紹介しております。

090-8939-5472 営業時間 10:00-18:00 ※作業中はお電話に出られない場合がございます。折り返しますので留守電にメッセージをお入れ下さい。

商品一覧

おおうえ農園

おおうえ農園
〒734-0101
広島県呉市豊浜町豊島20番地

安心・安全な広島産レモンをお求めの方は【おおうえ農園】へ。当農園のレモンは全国どこでも送料無料で販売しておりますのでお気軽にご利用下さい。

  • 090-8939-5472 ※作業中はお電話に出られない場合がございます。折り返しますので留守電にメッセージをお入れ下さい。
  • メールフォームはこちら

page top